NLPの資格



NLPのセミナーには資格認定コースがあります。

最初に認定を受けなければいけないのは、プラクティショナーです。

プラクティショナー・コースを受講しなければ、次のマスター・プラクティショナー・コースを受講できません。

ここまでは認定を受けなくても受講することができます。

マスター・プラクティショナーの認定を受けなければ受講できないのがトレーナー・コースです。

最近ではトレーナー・コースを受講する前に受講しなければならないセミナーがもう一つあるようです。

これは情報不足ではっきりとは言えませんが、セミナーの主催団体によってまちまちな部分があるかもしれませんので、ご自分でお確かめください。

私がよく知っている大阪のホロンPBIでは、エリクソン催眠セミナーを受講しないとトレーナー・コースに進めないことになっています。

プラクティショナー・コースでは、NLPの基本を学びます。

ピアノでドレミを習うようなものなのかもしれません。

NLPのいろいろなスキルをプラクティショナー・コースで学び、それを応用したスキルや複雑なスキルを学べるのがマスター・プラクティショナー・コースです。

ここまで学ぶと、かなり実践的にNLPを使えるようになれます。

セラピーに使えそうなNLPの使い方や、自分を向上させるNLPの使い方もかなり実践的になってきます。

トレーナー・コースでは、人前で話すことを学びます。

もちろん新しいスキルも学ぶことになりますが、これからトレーナーとして活躍することを前提にしていますので、プレゼンテーションのスキルは必須だということです。

トレーナーになると、NLPの資格認定コースを開催することができるようになります。

プラクティショナー・コースやマスター・プラクティショナー・コースは、高額なセミナーです。

お金が稼げます・・・

が、ここまでくるのにもお金がかかります・・・

主催団体によっても違いはあるでしょうが、今、ざっくりと計算してみると・・・

150万円~・・・ということになりそうです。