NLPの研修



NLPは多くの研修に導入されています。
NLPがコミュニケーション心理学だという人もいるくらいですから、企業の中でもあらゆる場面で応用できるのでしょう。

特に、接客とクレーム対応は有名です。

接客ではお客様の代表システムに基づいた応対をトレーニングします。

視覚的要素が強いお客様には視覚的な言葉を使い、イメージを膨らませる。
聴覚的要素が強いお客様には聴覚的な言葉を使い、論理的に話す。
体感覚的要素が強い尾お客様には体感覚的な言葉を使い、ゆっくり話す。

研修の中では、こういったことを体系的に教えてもらえます。

それに加えて、ペーシングのスキルを教えてもらえます。

ペーシングはコミュニケーションのあらゆる場面で活用できるスキルです。
接客にもクレーム対応にも応用できます。
もちろん研修の中では、これらを具体的な例を交えて教えてもらえます。
最初は慣れないかもしれませんが、使っているうちに板に付いてくるものです。

しかもペーシングは、仕事だけではなく私生活でも活用できます。
人間関係もスムーズになりますし、友だちや恋人との会話もはずみます。

ペーシングを会得するだけでも、人生が劇的に変わることでしょう。
ペーシングや代表システムの他にも、知っておきたい強力なスキルがNLPの中にはたくさんありますから、もしかしたら研修の期間だけでは時間的に足りないかもしれません。

もっと知りたいという方は、認定講座を受けてみてはどうでしょうか。