NLPとコーチング



コーチングをするコーチの中にはNLPを学んでいる人が多いようです。

NLPはあらゆる場面で使えるコミュニケーションスキルを教えてくれますし、NLPのスキルの中にはクライアントを行動に駆り立てるために使えるスキルもありますから、自然にそうなってくるんでしょう。

NLPがコーチに人気なはずです。

ところがコーチングのトレーニングを専門に行っている組織の多くでは、NLP自体を教えているわけではありません。
だから、そこで学んだまんまのコーチングをするコーチに当たった人は、学んできたまんまのコーチングを受けることになります。

コーチングを受ける人にとっては方法がどうかなんかより、自分自身の成功に興味があるはずです。
どんな手を使ってでも成功したいから、コーチングを受けているんですからね。
NLPでもイメージトレーニングでも、何でも使ったらいいんです。

それで成功して夢が叶えばそれでオッケーです。

大切なのは、自分に合っているかということと、取り扱う題材に合ったコーチングができるかということだと思います。

そして、もっと大切なのは、実際に成功して夢を実現させることです。

そのために何をするかは、たいした問題じゃありません。
トレーニングの中で教えてもらったコーチングでももちろんいいですし、NLPのスキルを使ってもいいんです。

おまじないでも結果が出れば、それでいいじゃないですか。

いかにクライアントを成功させるか。

これがコーチにとって最も重要なことだし、コーチングの目的なんですから。